悪質出会い系サイトでの被害例


出会い系サイトを利用する場合に一番心配なこと、それはトラブルに巻き込まれることではないでしょうか。
悪質な出会い系サイトによる被害についてここでは見ていきたいと思います。

トラブルは付き物?

出会い系サイトではトラブルというのはつきものといわれています。これらの悪質サイトでトラブルにあっても、泣き寝入りをしなければいけない人は多いです。しかし泣き寝入りしていても勿体ないですから、ここではどのような被害にあった人が多いのか、情報を共有することで、二度と同じトラブルを起こさないように予防につなげたいですね。無料で出会う出会い系サイトを上手に活用していけたらいいですね。

登録時のトラブルについて

登録時によくあるトラブル、それは登録をしたとたんに請求書が届きます。無料出会い系サイトと書かれていたのに、登録をしたらいきなり利用料金の振込案内が届くというケースになります。これはかなり悪質なサイトと言えるでしょう。この対策とアドバイスとしては、使い慣れていない人こそ、騙されてしまいます。ワンクリック詐欺にあわないためにも、無料と言いつつ、登録をしてお金が掛かるサイトには注意が必要です。もしも登録をしてお金が掛かるというメールが来た場合に、このお金は支払う義務はありませんので無視をしましょう。無視をして終わりではなくて、無視をした上でそのサイトは利用しないようにしましょう。

同時登録という悪質な手口


無料サイトに登録をしたと思っていたら、同時登録をさせられていたというケースがあります。無料サイトだけでなく有料サイトに同時登録させられていたというケースです。これは意外とよくあることです。無料サイトに登録をした内容をそのまま有料サイトに使われていることもあります。利用規約をよく読んで、同時登録されていないかどうかをまずは確認しましょう。場合によっては当時登録をされることを規約に書いていない悪質なサイトもありますが、小さく、わからないように記載していることもあります。利用規約を読んでおけば未然に防げることもありますので、きちんと利用規約は見ておくようにしましょう。
悪質な出会い系サイトに被害についてここでは具体的に見てみましたが、事前に防ぐことも十分に可能です。利用規約については必ずチェックしておくようにしましょう。利用規約を見ておくだけでも十分に自分の身を守ることにもつながります。予防することは可能なのです。

被害例1「あまりにも高額な請求が来たケース」

悪質な出会い系サイトによくあることです。請求が来ることはわかっていたけれど、内容を見たらかなり高額だったというケースについてここでは見ていきましょう。

このトラブルの実際

実際によく起きているトラブルでもあるのですが、利用していた出会い系サイトから請求が来ます。これは有料サイトを利用しているので、請求そのものは特別悪質なことではありません。問題はその金額なのです。その人は給料日前だったから支払いを少し先延ばしにしたそうです。最初は数千円の請求だったはずでしたが、10日後に料金を支払おうと思ったら数万円に跳ね上がっていたというケースです。いくら支払いが遅れてしまったとは言えこの金額は法外な額ですし、ありえない額と言えるのではないでしょうか。

消費者契約法にのっとると

消費者を救済するために契約法という法律があります。この法律によって見てみると支払いが万が一遅れてしまった場合には延滞料と手数料が年利14.6パーセントまではつけてもいいことになっているのですが、それ以上は請求することはできないことがルールです。ですから数千円が数万円に跳ね上がっているというのは不当請求です。不当請求があった場合のこちらの対処法としては支払いを無視することが可能です。

法定利息の知識

お金をよく借り入れる機会がある人ならわかるかもしれないですが、出会い系サイトの延滞金も同じだけ料金がかかることになります。延滞してしまったことに対して延滞金や手数料がかかることは悪質ではないのですが、その掛かり方や金額に問題があります。もしも法外な額の請求がきて困っているというようならば、消費者センターに相談をしたり、弁護士に相談をしたほうがいいでしょう。まさか出会い系サイトでこのようなトラブルになるとは思ってもみなかった人は、知識がありませんので、どうしてもそのまま支払いをしてしまう可能性も多いのですが、そのまま支払いをしていたのでは、不当なお金を泣き寝入りして支払うことになりますので、そのようなことがないようにしましょう。

出会い系サイトの料金を延滞してしまった場合には、その延滞した日数からどれくらい利息、手数料がかかるのか自分でも計算可能です。14.6パーセントの上乗せを上限としてお金を請求することしか法的には許されていませんので、それ以上の額の請求があった場合は不当請求にあたりますので、支払いの義務はありませんから安心していいでしょう。

被害例2「悪質サイトで退会できないトラブルについて」


よくある悪質な出会い系サイトのトラブルに、退会できないというケースがあります。

利用していた出会い系サイトが、ちょっと利用しにくいのでやめたいと思ってもやめられないケースです。

利用を停止したいのに

利用を停止したい理由は様々ですが、とにかく現在登録をしていてお金を支払っているサイトの利用を止めたいと思っている場合に、すぐに退会できないということが起きています。なぜすぐに退会できないのか、その理由は大半の場合が退会のしかたがわからないというケースが多いのです。利用する際は、登録をします。登録の方法は大半の人が出会い系サイトのホームページを見れば誰でも直感で操作をして登録ができるようになっています。しかし退会となるとどこにそのページがあるのかさえ探し当てることができなくなるホームページもあるのです。

意図的にページがわからない

ホームページによっては、意図的に、退会のページがわからないようになっているケースがあります。なぜそのようなことをするのでしょうか。その理由は、退会させないためです。出会い系サイト運営側からすれば、もちろん退会されればそれだけ収入が減りますから、できるだけ退会させたくはないでしょう。すぐに退会することができなれば、後に退会しようと持っていた場合でも、一旦はとどまる人が多いのです。その心理を利用してか、後に退会するとしても、とりあえずやめられるように、退会のページがわからないように設定されているのです。

悪質になるとページすら存在しない

単純にどこにページがあるのかちょっとやそっとではわからない程度ならまだいいです。なんとかページを探し出せば退会することは可能です。しかし厄介なことは、どこにページがあるのかではなくて、最初から退会のページが存在してないサイトです。このようなサイトも存在していますので、十分に注意しましょう。トラブルを未然に防ぐためにできることとしては、登録前に、退会することができるページが用意されているかどうかを確認しておく必要があるでしょう。退会することができるページがあらかじめ用意されていればいいのです。出会い系サイト利用前に必ず確かめるようにするとトラブルを防ぐことができます。

これから出会い系サイトを利用しようと思っている人は、登録時に、退会出来るかどうかも一緒に確認しておいたほうがトラブルを未然に防ぐことにつながりますので、必ず確認しておきましょう。

被害例3「登録していないサイトから請求がきた」


出会い系サイトを利用していてよくあることなのですが、登録をしていないサイトから請求が来ます。

これは二つのケースが考えられるので見ていきましょう。

前に利用していたサイトだった場合

二つのケースのひとつめは以前自分が利用したことがある出会い系サイトだったというケースです。以前の利用料金がまだ支払われていないことから、支払いの請求が来ることもあります。もし過去に利用していたのに支払いを滞納したままで未納だったという場合にはすぐに支払わなければいけません。ですが、利用していた期間が数ヶ月前から数年喪前ということになれば請求にもしかすると間違いもあるかもしれませんので、記載されている口座にお金を支払う前に、まずは自分で確かめてからにしたほうがいいでしょう。出会い系サイトの利用料金が未納で何年も放置されるということはほとんどありませんので、もしかするとこれは悪質なサイトが、過去に利用していた人あてに、請求をするためにメールを送ってきたのかもしれません。騙されないためにも事前に振り込む前の確認が必要です。

利用したことがないサイト

利用したことが一切ないようなサイトから料金の請求が来た場合ですが、この場合は支払いの義務は一切ないので安心してください。こちらのケースでは過去に利用したことがある出会い系サイトから個人情報が流れていて、そして架空請求の詐欺をしてきたのだと考えられます。出会い系サイトによっては自分のサイトの登録者の個人情報を別業者に売ったり、同じ業界の出会い系サイトに流すこともあるといいますので、取り扱いがきちんと行われているような出会い系サイトを選ぶ必要もあります。

未然にトラブルを防ぐためには

こうしたトラブルを守りたいと思ったら何が出来るでしょうか。まず出会い系サイトを利用したいと思った場合に、専用のメールアドレスを取得しておくと安心です。出会い系サイトを利用するときだけのメールアドレスをフリーメールか何かで取得しておきましょう。そうしておくことによって迷惑メールやトラブルのメールがきたとしても、自分の普段使っているアドレスではないので、個人情報が流出することがないからです。

出会い系サイトでは、登録していないサイトからの請求が来ることはよくあることです。よく確かめた上で支払う必要があるのか、ないのか、しっかりと判断しておきましょう。支払う義務もないお金を無理に支払う必要はないのです。

被害例4「同時に複数に登録する手口」


出会い系サイトの悪質なサイトの中に、複数の登録というものがあります。

出会い系サイトに登録をしたら登録したつもりがないサイトからメールが届くこともあります。

一番多いとも言えるケース

悪質な出会い系サイトの手口として、実は出会い系サイトではとても多い事例です。同時登録型のサイトに登録をしているというケースになります。同時登録、これは無料サイトと有料サイトが抱合せになっていると考えるとわかりやすいかもしれません。メインとなる無料サイトといっしょに、別の提携している有料なサイトに、登録をするというのがこの手の手口です。しかも今回の場合は一つの有料サイトではなくて、複数の有料サイトへの登録ということになりますので、さらに厄介と言えるかもしれません。

同時登録した有料サイトから

同時登録した有料サイトから登録後に頻繁に多数のサクラと思われる女性からメールが届くようになるというケースもあります。それだけでなく、それらの有料サイトの名前、メールアドレスはとても似ているものが多くて、まさか複数に登録しているとは気がつかないようなものもあるといいます。ここまで来るとかなり悪質な手口で悪意を感じますね。

これらのトラブルを回避する方法は?

こうした複数登録によるトラブルを回避するための方法ですが、メインになる無料サイトにはサクラがいないので、こちらでは出会うことが可能かもしれません。しかし抱き合わせでついてきた有料サイトのほうはサクラだらけで、出会うなどとんでもないサイトもあります。同時登録なのかどうか見極めるためには、利用規約をしっかりと読む程度しか対策がありません。まずは同時登録させられていないかどうかしっかりとチェックしておいたほうがいいでしょう。

法律の上では

電子消費者契約法という法律があるのですが、この法律の上ではわかりやすく規約に記載することが求められています。利用規約に同時に別のサイトに登録されることを利用者がはっきりとわかっているかどうかが重要です。または口コミなどで実際に利用者が同時登録させられたと書いていないかどうかなどをチェックしておくといいでしょう。利用者の声というのはリアルに使える情報となりますからチェックしておくようにしましょう。

出会い系サイトの悪質なサイトに多いことが、この複数の登録です。同時登録に加えてさらに同時登録ということですから、かなり悪質な手口なので注意しましょう。

被害例5「無料サイトからの請求について」


出会い系サイトでよくあることが、無料サイトだと思っていたら、請求が届くケースです。

このケースについてここでは見ていきましょう。

無料だと思っていたら?

無料の出会い系サイトだと思って利用していたのに、突然ある日、15000円の料金が未納だというメールが送られてきたりします。この場合は実は2つの場合があります。最初の場合は無料サイトと偽って実は有料なサイトだったというケースです。実際に使用する際も料金がかかることを利用者に対して全くなんの説明もなかったときには支払いをする必要がありません。これは詐欺行為に当たるからです。

同時登録サイトへの登録

もう一つ考えられるケースは同時登録のケースです。これは同時登録サイトに同時に登録していたことになります。こちらのケースでは利用規約の確認が大事です。その中で登録をすれば同時に提携しているサイトにも登録されるといった内容のことが書かれていた場合には、サイトはそれをもって支払いを求めてくるはずです。同時登録の出会い系サイトは今グレーゾーン的に門弟になっていて利用者も防ぐことは、利用規約を読む程度しかできません。

弁護士への相談

もしも無視をしていても何度もメールが来て迷惑だという場合には、一度弁護士に相談をしてみたほうがいいかもしれません。弁護士に相談することで費用はかかるかもしれませんが、この危機から脱出することができると言えるでしょう。出会えないような仕組みになっていると説明する必要もありますが、支払いはしなくてもいいでしょう。

トラブルを避けるためには

こうした無料だと思っていたのに有料だったというトラブルを避けるためにはどうすればいいのでしょうか。避けようがないのでしょうか。結論から言えば、避けられないことはありません。必ずしも避けられないというわけではないのです。なぜなら避ける方法はあります。同時登録性の出会い系サイトを利用しなければいいのです。同時登録系に自分が登録しているかどうかわからない人もいるかもしれませんが、利用規約を然りと呼んでいれば、トラブルに巻き込まれなくてもすむでしょう。利用規約はあまり読まずに登録する人が多いですが、必ず目を通しておいたほうがいいと言えるでしょう。

無料だと思っていたのに後で請求がきたというケースは意外と多いですから、そのようなことにならないようにするためにも注意をしましょう。注意していれば未然に防ぐことは可能です。

回避術「誘導登録に騙されないこと」


出会い系サイトでは誘導登録と呼ばれる悪質サイトの手口があります。

登録をするとほかのサイトからメールが来る悪質手口です。

誘導登録ってなに?

誘導登録を知らない人はもしかすると多いかもしれませんね。登録をすれば提携しているほかのサイトからメールが頻繁に届くようになります。そしてその内容は知らないあいだの有料のサイトに登録する流れに誘導されているというケースなのです。無料サイトで出会いを求めたいと思って利用していたにも関わらず知らないあいだに誘導されて有料なサイトを利用していたということは意外とあります。そして料金の請求があって初めて気が付くこともありますので、まずは自分がどのサイトを利用しているのか、ほかのサイトに誘導されていないかどうか調べた上で利用する必要があります。

回避するポイントは?

この悪質なトラブルを回避するためにはどんな方法があるのでしょうか。知らないあいだに有料なサイトに登録をされていたという被害は多くあっている人がいます。その中で一番多いことは注意をあまりせずにメールの返信をしているという人です。出会い系サイトは以前に比べると随分安全に、トラブルもほとんどなく利用できるようになったとは言われていますが、それでもまだまだです。やはりトラブルはまだありますし、注意しなければいけないことはたくさんあります。その中で過信しすぎてしまっているのです。

メールはしっかりと読む

メールはしっかりと中身を読んでください。メールをいい加減に返信するのではなくて、内容はすみずみまで読んでおきましょう。その上で返事をすればほかのサイトに誘導されて別のサイトに登録をするようなことというのは避けることが出来るでしょう。別サイトに登録することを記載している注意事項がもしかするとそのメールの中には紛れ込んでいるかもしれませんのでよくチェックしておきましょう。

メールの内容がわかりにくいことも

同時登録でも誘導登録でも同じことが言えるのですが、意外とわかりにくい記載になっていることが多いです。しかしわかりにくいからといってそのまま見過ごしてしまうのでは、後でトラブルになることも多いですから、しっかりと内容はチェックした上で登録しましょう。

知らないうちに誘導されているというケースは意外と多いですが、しっかりとメールの内容を確認していれば未然に防ぐことは可能ですから、しっかりメールを読むようにしましょう。

このように悪質出会い系サイト騙されたくないのなら出会い安全サイトのPC☆MAXがオススメ。


公開日:
最終更新日:2015/12/11

PAGE TOP ↑